脇役から主役まで!幅広く活躍するマルチタレントとは?

わたしにもなれる?「マルチタレント」への道

マルチタレントってどんなお仕事でしょう?

「マルチタレント」というのは、ほぼ和製英語だそうです。
「マルチ」は「複数の、多くの、さまざまの」を意味する接頭語(他の言葉の前について用いられる言葉)です。
「タレント」とは英語で「才能」を表す言葉で、日本では才能ある人、技能のある人、テレビ等で活躍する芸能人という意味になったようです。
余談になりますが、「タレント」という言葉をよく調べてみますと、それは古代ギリシャ、ローマなどで使われていた通貨の単位だそうです。「あの人はタレントをたくさん持っている。」とは、もともとの意味から言えば、お金をたくさん持っている、という意味になりますが、ここでは、「天より与えられた才能」「その人の持っているその人だけの持ち味」が豊かだ…、ということになるでしょう。
「タレント」とは前述のとおり、古代の通貨ですが、一タレントとは現在でのお金で、数年から何十年もの収入ほどの金額だそうで、そう考えると、人はそれぞれとても貴い「その人らしさ」「その人の才能」を持っていると考えることもできますね。
そういった「自分らしさ」「自分だけの特徴」を用いて、俳優や女優、また声優や司会者、コメンテーター等で活躍する人々を「マルチタレント」と言うのだと思います。
そういう風に私もなりたい!と「タレント」を目指している方もたくさんいらっしゃると思いますが、具体的に「タレント」「マルチタレント」にどうやったらなれるのか、次ページで見ていきたいと思います。